愛の形を永遠に~婚約指輪は一生の思い出~

指輪

綺麗な指輪を探そう

女性

贈る意味

結婚すると購入する指輪に、結婚指輪と婚約指輪の2種類があります。その中でも結婚指輪に関しては、毎日身に付けるものであり、結婚式のときに交換するものでありますが、婚約指輪に関してはどのような役割をしているのかわかりません。そこで、婚約指輪の意味を説明したいと思います。婚約指輪は婚約を約束したときに男性から女性に贈るものとして扱われています。デザインは主にダイヤモンドをあしらったデザインが一般的といわれています。また、婚約指輪を贈るときはプロポーズをしたときか結納前に贈るというのが基本的には決まっています。ちなみに結納は結婚式の半年前にやるのが一般的だといわれているのでその前までに用意しておくと非常に良いと思います。

金額や人気ブランド

また、婚約指輪に関しては金額も高いものとなります。結婚指輪と違い、昔は給料の3か月分を使うとも言われていました。いま現在は20万から40万円程度とも言われています。それでも結婚指輪よりははるかに高いです。ですがもらった女性はそれだけ嬉しいものであり、一生に1度にしたいものなのでそれだけ価値のあるものでもあります。最近では、婚約指輪にブランド品を選ぶ方も増えており、特に人気のブランドが、アイプリモ、カルティエ、ティファニー、ブルガリなどがあります。価格もそこまで高くなく20万円程度のものから商品があるのでおすすめであります。非常に高価ではありますが、芸能人の方や有名な社長さんなどが購入するブランドでハリーウィストンなども非常に人気があります。