愛の形を永遠に~婚約指輪は一生の思い出~

指輪

似てる指輪の違い

結婚

結婚指輪とは別物

婚約指輪は別名エンゲージリングと呼ばれ、結婚指輪とは全く別のものです。婚約の証として男性から女性へ送られる指輪の事を指しております。結婚指輪は別名マリッジリングと呼ばれ、結婚を決めた男女がお互いに送り合う指輪の事を指しております。婚約指輪は昔、結納品のひとつとして新婦の家庭に贈られてきましたが、現在は男性が用意して直接女性に贈るか、プロポーズに後に一緒に二人で選んで購入するケースが増えているようです。現在の婚約指輪の平均値段は30〜40万円ぐらいと言われており、結婚指輪よりも高価なものが一般的だそうです。硬い、長く続く愛という意味を込めてダイヤモンドを使用している指輪を贈る人は今も昔も多いそうです。

買う時の注意点

婚約指輪選びは非常に難しいと言われております。まず相手の指のサイズを把握しておかなければなりません。他にも彼女が好きなデザインやブランドなど、事前に調べておいた方が良いと思われます。決して安い買い物ではありませんので、慎重に購入する事をおすすめします。先ほど述べたとおり、ダイヤモンドの指輪を贈る人も多いとは思いますが、ダイヤモンドにも色々あります。代用として使われているジルコニアという物も存在いたします。ジルコニアは本物かどうかは普通の人はもちろん、鑑定人でも見分けがつかないほどの物がありますので、ダイヤモンドを買う際にはしっかりとしたものを選ぶ方が良いです。天然で本物のダイヤモンドは貴石という種別になり、国際的にもその価値が保障されております。